お母さん、時々ハカセ、時々幸せ

母で理学博士な”ミラ”の徒然日記。子育て、研究、料理、経済など、赤裸々に鬱陶しい感じで記していきたいと思います。

ヒトメタニューモウイルス来襲

病床でやや暇してる母です。こんにちは。

本日、仕事を休み、布団の上で養生しております。なぜならば、娘が何処ぞから頂いてきたヒトメタニューモウイルスに私も感染してしまったからですorz

とりあえず、どなかの参考になれば、また備忘録として発症から復活までの娘の経過状況を以下のとおりにまとめます。

(発症1日目)
13日の月曜日の朝、37.8度の発熱が始まりでした。土日に親族の法事があり、疲れさせてしまったので、そのせいだと思いました。小児科受診はしませんでした。

(発症2日目)
熱は下がらず、さらに鼻水も洪水のように出ており、昼過ぎには熱が40度に!!これは変だなと思い、かかりつけの小児科へ。
小児科では風邪でしょう、とアンビバ座薬と風邪の時に処方される粉薬を頂く。
40度の熱の割には元気で、食事もそれなりに食べられていました。
21時頃に就寝。しかし、熱でうなされ30分ごとに起きる(;´Д`A
22時頃、座薬を入れました。1度ぐらいは下がったかな。0時過ぎからは比較的すやすやとお眠りに。

(3日目)
この日も相変わらず40度でした。高熱の割には相変わらず元気に過ごしつつも、食欲が減り始めました。
18時頃になると目やにが出だし、咳もすこし悪化。母、なんとなく胸騒ぎがしてくる。
翌日はかかりつけの小児科がお休みのため、念のため夜間診療に連れて行くことにしました。
そこで、「呼吸がちょっとゼーゼーしているんだよね」と言われる。。
そして、ヒトなんちゃらウイルスというのが流行しており、それに罹患している可能性、また、肺炎になりかけているかもしれないので、翌日に肺炎の検査ができ、入院施設のある総合病院に行くことを勧められました。
しかし、そんな事態でも娘は比較的元気なので、この夜は自宅療養で良いでしょうと(笑)
むすめ、体力あるなぁ(;´Д`A

この時点で入院を覚悟し、なんの根拠もないけれど母の第六感というものに感謝しつつ、自宅に戻った後は座薬を入れて寝付かせました。

4日目以降の総合病院での修羅場はまた明日アップします。